CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


SPONSORED LINKS

無限多重多角形な遺伝子たち
<< ラジオ待ち中 | main | 久しぶりに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | -| web拍手web拍手| スポンサードリンク |
ななはーーーーん!!!

評価:
阿部サダヲ,堤真一,柴咲コウ
上の画像はガイドDVDのものなんですが、本日ようやく「舞妓Haaaan!!!」を観てまいりました。
公開から3週経ってるので、さすがに人少なかったなあ。
私含めて15人ぐらい?
でも面白いところではちゃんと声を出して笑う人ばかりだったので良かった。
(ま、全員を確認したわけじゃないですが)

で、肝心の映画の感想ですが・・・
(ネタバレありなので隠します)




公ちゃん、かわいーー!


でした。

いや実際周りにあんな人がいたらウザいと思うけど(笑)
なーんか憎めないっつーか。
でね、てっきり公ちゃんの舞妓バカなストーリーだけだと思ってたんですが、堤さんと駒子はんのストーリーもあったり、富士子(コウちゃん)の舞妓修行のストーリーだとかが絡んで来て、なかなか盛りだくさんで楽しかったのです。
ちょっとウルッと来るところがあったり、クドカンならではの小ネタがいっぱいだったり(気が付かなかったのも多いので、出来ればもう一回見たいなー)

いっちばんブブーーーーっと笑ったのが、コウちゃん演じる駒富士が、堤さん演じる内藤のいるお座敷に上がったシーン。
ちょっと大人ジョークなのでここには書きませんが(笑)
回りも大爆笑でした。

あとは、サダヲっちが可愛いのは当然なので省略するとして、山田くんが意外といっぱい出てたのと、真矢みきさんがかっちょよかったのと、花街言葉が柔らかくて耳に心地よかったなーっと。
んで、酒井若菜ちゃんが出てたの全然気付かなかったんだけど、豆福という舞妓さんだったのです(一番人気の舞妓さん)
さすが一番人気だけあって可愛いなあとは思ったんだけど(笑)
あと北村一輝氏がいい味出してました。

でもって観終わった後で、やっぱりパンフとグッズ買って帰ろうと思って売店に行ったら、お姉さん総出で(つっても2人)座席の掃除してた。
「すいませーん」って声掛けて、パンフと公彦ぬいぐるみマスコットを購入。
このぬいぐるみ(↓の写真にも写ってます)、実はこのスーツが脱げるんだよー(えへー)
途中までしか脱がしてないけど(途中までは脱がしたんだ)






| cinema | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0)| web拍手web拍手| 知沙 |
スポンサーサイト



| - | 01:04 | - | -| web拍手web拍手| スポンサードリンク |









トラックバック機能は終了しました。